子供と遊ぼう。カルタのようなトランプゲーム”スラップジャック”

小さい子供と直感的に遊べるトランプゲームってあるの?

今日は、そういった疑問に対するオススメのトランプゲームを紹介します。

トランプだけどカルタのようなアクションゲーム!その名は”スラップジャック”

スポンサーリンク




ルール

用意するもの

トランプ1個(ジョーカーを除く計52枚)

プレイ人数

2人以上

プレイの準備

52枚のカードをシャッフルして、全プレイヤーに裏向きにして全て配ります。

プレイ人数によって、1枚多かったり少なかったりするプレイヤーがいる場合がありますが、問題ありません。

配られたカードは裏向きのまま、各々のプレイヤーの山札として自分の前におきます。

勝利条件

全てのカードを取ったプレイヤーが勝利

プレイ

時計回りに1人ずつ、自分の山札の一番上のカードを表向きにしてテーブルの中央に出します。

その後のアクションは以下の2つ。

①出されたカードがジャックだった場合:そのカードを全員でカルタのように手で叩きます
②出されたカードがジャックでは無かった場合:そのカードを叩かずにスルーします

①の場合、一番早くジャックを叩けたプレイヤーは、それまでテーブルに出ていたカードを全部取ることが出来ます。

取ったカードは、そのプレイヤーの山札の下に入れます。

②の場合で、そのカードを叩いてしまった人はカルタのお手付き同様でペナルティがあります。

お手付きをしたプレイヤーは、山札の一番上のカード1枚を、お手付きをしたカードを出したプレイヤーに渡します

もらったプレイヤーは自分の山札の下に入れます。

これを繰り返して、山札が無くなったプレイヤーから脱落していきます。

ただし、山札が無くなってしまった後は1回だけ復帰のチャンスがあります。

山札が無くなった後の次に出てきたジャックを叩くことが出来たら、それまでに出ていたカードをもらえてゲームを続行できます

しかし、そのジャックを一番早く叩けなかった場合、またはジャックが出る前にお手付きをした場合は脱落となります。

ちなみに山札が無くなったプレイヤーはテーブル中央に出すカードが無いため、パス扱いとなります。

この時は、山札を持っている人が順番でテーブル中央にカードを1枚ずつ出していきます。

これを繰り返して全部のカードを取ったプレイヤーが勝利です。

 

スポンサーリンク




まとめ

直感的なアクションのトランプゲーム。

ジャックが出てきたら一番早くカードを叩く(触れる)というシンプルなアクションゲームです。

小さいお子さんでもすぐにルールが分かり、プレイ出来ます。

単純ですが、とても盛り上がるゲームです。

最初はこの基本ルールでプレイして、慣れてきたら色々とルールを追加するとより面白くゲームが出来ると思います。

・ジャックだけで無く、キングも叩いていいカードとする
・♠ジャックの時だけはカードを叩くのでは無く、手を上げる

この追加ルール以外でも、自分で面白いと思ったものはどんどん試して楽しくプレイしましょう。

 

取った時には歓声を、取られた時には悔しさを。

感情を爆発させて全力で楽しんじゃいましょう!

スラップジャック是非プレイを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

では、また。

スポンサーリンク